S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

プロフィール

にーちく

Author:にーちく
年齢:永遠の17歳でいたかったけど無理だった

職:どんまいなパートタイマー

趣味:歌、楽器(ギター、ベース、ドラムなんでもござれ)、いんたーねっつ(なかったらしねる)

前世:穀潰し

来世:2次元の住人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かおす



3人か4人くらい

庭におばさんがいたんだ


そう、僕んちの庭にね


何してんだこいつら


って思ってたら
ただ人んちの庭でお話してるだけでした


他でやってくれ


そしてなぜか僕は
その様子を黙って見ていたんだ


そしたらさ
いきなり雷が鳴り始めやがったんだ


おばさんたちも何事かと慌てふためいてたよ
滑稽だったよ


雷はかなり頻発しててさ
空が真っ白くなるくらいに


その瞬間
庭を挟んだ向かいの一軒家にさ

雷が

落ちたわけよ



かなりでかい雷だったみたいでさ






その家木っ端微塵になってたんだ

もうびっくりしたね
もしかしたら自分も死んじゃうんじゃないかと
そうも思ったよ



そう、思った瞬間

世界が反転したんだ


まるで鏡に映したようにね



僕は何が起きたのかさっぱりわからなかった

そしたらさ
追い討ちをかけるかのよう

隕石が降り始めたんだ


どっちかっていうと
火球って感じだったけどね


周りの家はみんな
次々と燃え上がっていくんだ










………


……










という夢を見たんだ


スポンサーサイト
よそうがいでした | HOME | ごぶさた

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。